白鳥 ♪

無事、白鳥も完成して
京都の作業場に戻ってきました!


途中、どうなることやら...と
かなり不安でしたが
最後のぎりぎり数日間で無事完成しました♪


後処理の底ずりやポンテ跡の加工は
全部は間に合わなかったので
またこれからしないとですが、
当初の目標どおりの数も制作できたので
眦膕阿気鵑慮津犬砲睿△譴胴圓ます!


お水をいれた感じがキレイだったので、
花器としてだけではもったいないなぁ...と。
ロートとセットにして、
ピッチャーや水差し、少量のワインの
デキャンタにも使えるようにしようかなぁと
イメージもふくらみます!


アクセサリーのディスプレイ台も。



そして、
川崎最後の日は東京に仕事で来ていた友人に
誘われて、「旅するルイヴィトン」展を
観にいってきました。

ヴィトンといえば、
高校生の頃に流行ったモノグラムのかばん。
正直まったく興味がなかったのですが、
予想外にとても面白い展示でした。

 

ひとつのトランクが小部屋みたいな...
ドレッサーだったり、本や食器、
画家さんの道具を入れるものだったり
昔のアンティークのものは夢がつまっている
感じがして、とても素敵でした♪

なんというか、ひとつひとつのモノや動作を
大切に扱っていたんだろうなぁ...というのが
そこから伝わってくる感じで。


これも、大好きな映画のラピュタみたいで
ニンマリしてしまいました。笑

そして、壁にはグッとくる文章。

素材の特性や生かし方、使う人のこと
機能美を兼ね備えたうえでの
この美しさ...

なんだかウキウキするような、
歴史ってすごいなぁとか、
作り手の信念や想いとか
よし自分ももっとがんばろうとか、
川崎での生活で感じたこととか、
いろんな想いが交錯して
胸がいっぱいになりました。


今回の川崎生活、
ガラスに対しても自分自身の中でも
とてもいい変化がたくさん訪れていて、
本当に学びに行けてよかったです!

まったく分からないところからはじめた
宙吹きガラスも
楽しかったり、自分に悔しい思いをしたり、
ガラスを始めた頃の事をよく思い出しました。
それを体感としてまた味わうことが出来て...

まだまだ始めたばかりなので、
これから何年もかけて学んでいくことは
たくさんありますが、
こうやっていろんな技法を少しずつ
掛け合わせていけば...
自分の中にあるガラスの最終形態、
死ぬまでには作りたいと願っている作品に
いつか辿り着けるんじゃないかなぁと。

ほんの一歩ですが、
少しだけそこに近づけたような...
そして今まで以上に、もっとガラスのことが
好きになれた 濃いーー53日間でした!

伊藤さんをはじめ工房で関わってくださった
いろんな方々に本当に感謝です。
またお金と時間を貯めて、ここに学びに
来たいなぁと思えるような本当にいい工房でした!


とりあえず、
引越しの荷物もだいぶ片付いたので
明日からバーナーでの個展作品の制作に入ります!

 

関連する記事

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

GLASS Life HP

http://studio-glasslife.com/

EMAIL

info@studio-glasslife.com

2020年個展、展示会予定  

2020年 ・2020年6月17〜23日 個展 高島屋京都店

取扱店

・恵文社一乗寺店(京都)・sahan(名古屋)・pibico(岡山)・zakkaひぐらし(広島) ・農歩屋(熊本)・黒壁(滋賀)・AZ CLASSIC(東京)・ももちどり(東京) ・陶屋 なづな(奈良)・THE STABLES(青森)・三省堂書店(東京) ・暮らし用品(大阪) ・一曲〜Hitokuse〜 ・savi no niwa(滋賀)

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM